料理と記憶

栗の季節。

ウチの母親は料理がとても上手で、

手間をかけていろんなものを作ってくれた。

今でもどんな高級で有名なお店の料理よりも

記憶の中の母の味が1番。

今の時代なら、

すぐにiPhoneで写真を撮って収めるんだろうけど、

全て記憶が頼り。

生きてるうちに習っておくんだったな。

でもね、記憶って凄くて、

好きだった料理の映像やそのときのエピソード、

香りまで思い出させてくれる。

今TVで栗の渋皮煮の作り方をやってる。

これも母が作ってくれて秋の楽しみのひとつだったな。

母があんなにいろんなものを作ってくれたのは、

料理が好きだったのもあるけど、

たぶん父や私が「美味しい美味しい」って

たくさん食べている姿があったからだと思う。

私も料理は好きだけど、

自分用だとやっぱり気合いが入らないもの。

喜んで食べてくれる人がいるというのはとても幸せなことだね。

栗、今度買って来よう。。

Follow me!