米糀を手作りする

発酵デザイナー小倉ヒラク氏 直伝!

米糀作りました!
まさか自分で糀をつくる日が来るなんて!

今回はこうじづくり[email protected]吉祥寺タイヒバンでの

WSで他の方も一緒に。

準備と1日目のバラして保温まではWS内で皆さんと一緒に、

その後は自分ひとりで温度管理をしっかりチェックしながら

糀を育てるわけです。

なんでまた糀を作ろうと思ったかといいますと、
ご存知かと思いますが、
糀は発酵食品で、
腸にとっても理想的に働いてくれるんです。

腸に良いということは、
即ち美容・健康にとてもいい◎

KYO-ZONではメニューに腸セラピーもあるし、
腸の大切さは常々お話してますよね^^

だから、そんな発酵にかかせない糀を
自分で作れるって興味深い!
作ってみたかった!

…というのもホントなんですけど、、
美容も健康も大事なんですが、
発酵モノ大好きな私としては、
ぶっちゃけ今回はそこよりも、
ただただ美味しいお酒のアテを作りたい!

・・と思ったからです(恥)

行程はざっとこんな感じです。

ーーーーーーーー

・しっかり水を吸った米を蒸す。

こうじづくり4

こうじつくり2

こうじづくり3

・蒸し上がった米をばらばらにする。

こうじづくり5

こうじづくり6

・こうじ菌をつけて、布巾でしばって保温する。

こうじづくり7

こうじづくり8

・翌日また米をばらばらにする。

・こうじ菌が発熱!

・白いモコモコ(こうじ菌)が生えてくる。

こうじづくり9

こうじづくり10

・完成~★

こうじつくり1

準備から入れて3日程でできあがり。

この一連の作業で大事なのが
なんといっても温度管理!

温度計をちょくちょくチェックしつつ、
美味しい糀が出来るのを祈るのです。

面倒くさがりの私ですが・・
いや~楽しい。
生きものを育てるこの感覚!

途中、手を抜いたら(←どうも手を抜くクセあり)
一度保温しすぎて急激に温度が上昇、
慌てて保温を止めて布巾をほどいたら
今度は一気に下降してアタフタしたけれど、
結果オーライ。

お米に菌が生えてきて、
栗みたいな香りも強くなってきて、
なんともいえないいい香り!

作り方は職人さんによって
詳細がいろいろと複雑で
とても手間がかかるそうなんですが、
ヒラクさんの作り方は

「中目黒あたりに住んでいる
シティボーイ&ガールがキッチンで気軽に仕込めて、
冷蔵庫の容量を圧迫することなしに使い切れる」笑

というのがコンセプトでして。
確かに作る行程はそんなに難しくない!
方法も量も気軽!

けれど、
こだわるところはしっかりこだわっているのが良いところ。
イイものが出来上がりそうなニオイがプンプンします^^

とにかく面倒くさがり!な私にも
楽しく美味しく作ることができました。

今度は自分で1からジャンジャン作るぜ♪

今後、何度も上手に作れるようになったら、
KYO-ZONでもアロマや腸と絡めて
これを広めていけたらいいな、
なんてひそかな野望を持っている次第です^ ^

Follow me!