花粉症で春は気が重い方へ

KYO-ZONの精油もあります。

KYO-ZONの精油もあります。

雨模様で始まった連休初日でしたが
午後からは太陽が顔を出しましたね!
九州では桜の開花宣言が出たようです。

待ちに待った春ですが、
花粉症をお持ちの方には
ちょっと過酷な季節でしょうか。
私も、花粉症ではないのですが、
春のホコリで今年は目がとても痒いです。

お客様からも

「花粉症状が酷くて伺えませんでした」
というコメントを頂きます。

花粉症状が少しでもあると、
集中出来ないし、イライラしやすいし、
呼吸もしにくいし、眠りが浅くなるし、肌も荒れるし、
・・となかなかのストレス。
身体もこわばりますしね。

そんな状態でトリートメントを受けるのも
落ち着かないし、何となく心配ですよね。

でも、だからこそアロマセラピーで
調子を整えて頂きたい。
こわばった身体をゆるめて頂きたい!

「言いたい事はわかるけど、
アロマセラピーでは症状も改善されないし、
気休めにしかならないし・・」

そんな風に思っていませんか?

そうですね。
たしかに花粉症のお悩みは深刻で、
反応が出だしたら、何したってなかなか症状は
治まりません。

「出来るだけ薬に頼りたくはないけど、
薬飲まないと仕事にならないんです!」

・・という感じかもしれませんね。

一般的に「花粉にはコレ」といわれるおなじみの精油を、
ちょこっと部屋でを焚いたところで、
皆がすぐに症状改善するかと言ったら、
難しいかと思います。

ただ、
薬が人により効き目が違うのと同様、
人には体質がありますし、
精油の使い方のいろいろです。
花粉症によって何が1番辛いのかも人それぞれ違います。

もし「花粉症対策」として
せっかく精油を使うなら、
自分に合った精油を使って頂きたいのです。

そんな訳で、
今回ご希望の方には
<オススメメニュー>アロマセラピーボディの
カウンセリング時に
簡単な体質チェックシートを使って
タイプ別の花粉症対策精油を見つけ、
そのブレンドでトリートメント致します。

アロマセラピーの目的は
単純にくしゃみ、鼻水、痒みの改善だけでなく、
それに伴う身体や心の不調を整える、という
力があります。

中でもトリートメントは
直接皮膚から精油を経皮吸収できるのと、
手を直接肌に触れることでの癒しの作用が絶大です。
芳香浴よりも精油がグングン働きかけてくれるのです。

ご存知かもしれませんが、
(花粉だけでなく)アレルギー症状は
疲れや過度なストレス、免疫機構と
とても深い関係があります。

ですから、
もちろんアレルギーの原因物質を
突き止めることも重要ですが、
心身をリラックスさせたり、
元気に保つことも症状緩和のカギとなります。

花粉症で「春は気が重い」と
感じている方が少しでも春を楽しめますように。

Follow me!