与える喜び

人に何かをするとき、

下心一切なしに単純に、

「やりたいからやる」

そうすると相手も一切の重荷や押し付けられてる感を感じずに

サラリと素直に受け取れるのだと

ある出来事を通して改めて実感した。

「自分(私)がやりたいからやっている」

少しでも

「やってあげている」

となった途端に

相手は恩着せがましさや

上から押し付けた感やを察知して、

100%素直には受け取れなくなり、

「こちらからも何かをお返ししなくては!」

「なんだか申し訳ないな・・」

という負担や義務感などの感情が生まれるのだと思う。

純粋に

「この人のために私がやりたいからやっている」時、

そしてそれを喜んで受けとってもらえた時、

「与える喜び」の真価を感じる事ができる。

・・・って、

はじめはなかなか勇気が必要だけど、

「与える喜び」は間違いなく心を豊かにするし、

「与える喜び」の素晴らしさを味わったとき、

うまく説明できないけれど、

魂のレベルが上がったような充足感がある。

Follow me!